「多久」+「甘」+「原」=「高天原」

「高天原(たかまがはら)」とは、古事記にある日本神話の舞台です。古事記や日本書紀の武烈天皇以前の部分は創作だから、「高天原」の比定などそもそもナンセンスであるという学説も有力ですが、私は安本美典氏と同じく、神話にもある程度の歴史的事実が反映されているのではないかと思います。

安本氏は、高天原=邪馬台国、都城=旧「甘木市」(現「朝倉市甘木」)周辺と考え、甘木周辺の地名と大和の地名の一致から、甘木から大和への集団移住(いわゆる「神武東遷」)があったに違いないと推定しています。

私は、安本説の延長として、高天原の範囲を佐賀県の多久盆地〜筑紫平野と考え、東西の端の地名をとって「タク・アマが原」が高天原の語源ではないかと考えました。多久盆地は東に開いていますので、筑紫平野の一部と見なすことができます。

甘木は、邪馬台国の比定地としてあまりにも有名なので、解説はいらないと思いますが、多久については、

  • 筑紫平野と唐津を結ぶ街道(唐津街道)の途中に位置し、東は筑紫平野、北西は低い峠を経て唐津、南西も低い峠を経て武雄市に繋がっている。
  • 縄文時代にはサヌカイト(讃岐石)の産地として日本最大規模の遺跡を残し、弥生時代の稲作集落遺跡、古墳時代の1000基以上の古墳が存在する。
  • 昭和の大合併までは、東隣の小城よりも栄えていた。

と解説しておきます。

さて、「タク・アマが原」が縮まって「タカマが原」になるのは理解しやすいと思いますが、甘木(アマギ)が「アマ」と略されることには説明が必要かと思います。

日本各地に「〜城」「〜木」を「ギ」「キ」と読む地名が存在しますが、この場合の「ギ」「キ」は本来「邑(「都市」という意味)」だったのではないかと思います。「邑」の現代中国語ピンインは「yi」ですが、現代中国語で「yi」と発音される漢字の多くが日本語の漢字の音読みで「ギ」であることを考えると、上古音から中古音への移行期である魏志倭人伝の時代には、「邑」も「ギ」、或いはそれに近い音で発音されたはずです。「城」の現代中国語ピンインは「cheng」なので、似た意味の漢字として歴史のどこかで「邑」と入れ替わってしまったのでしょう。

そう考えていくと、「甘木」の本当の固有名部分は「甘」となり、「多久」+「甘」+「原」=「高天原」という方程式が成立します。「高天原」は後の時代の畿内、現代の首都圏に相当するものだったのでしょう。

「甘木」は、魏志倭人伝に出てくる「邪馬台国」の比定地でもあります。「アマギ」がなぜ「邪馬台国」の「ヤマ」になるのかを理解するには、まず、中国語の音韻上の特徴を知る必要があります。

意外なことですが、実は中国語には余計な音素を付加せずに「ア(アー)」という音を表記する漢字が事実上存在しません。もちろん、全く無いわけではなく、

「阿」「啊」「锕」「腌」「嗄」「呵」

の6つあります。

しかし、「阿」は電子辞書によると、

  1. [接頭語]〈方〉親しみを表す。
    1. …ちゃん、…さん。同族の同世代間の長幼の順序〈排行(はいこう)〉や姓または幼名の前につける。
    2. 親族名称の前に付ける。
  2. 外国語の音訳(a などに当てる)。

となっています。

「啊」は、「〔感嘆詞〕驚いたときに発する言葉」なので、要するに「あっ」です。

「锕」はアクチニウムという元素を意味するので、魏志倭人伝の時代に存在するはずはありません。

「腌」は「塩漬けにする」という意味ですが、「yan」という読みの方が一般的です。

「嗄」「呵」は、「啊」と同じ意味です。

以上のように、「ア」と発音されるまともな中国語単語は存在しません。日本語で「ア」と音読みする漢字はいくつも存在するものの、それらの漢字は、中国語ピンインで、

  • 「ya」(「牙」「亜」「甲」を部首として持つ字に多い)
  • 「wa」(「圭」「瓦」を部首として持つ字に多い)

と表記されるのです。魏志倭人伝の時代の中国人、或いは中国語を解する倭人は、「アマ」を漢字表記する時、「ア」の部分には当時「ya」を表す漢字を使わざるを得ず、「ya」を表す漢字の代表であった「邪」を選んだに違いありません。

現代中国語では、「邪」を「xie(シエ)」と読みますが、かなり系統の違う方言、或いは中国で征服王朝を樹立した異民族の言語の影響があるのでしょう。