公衆無線LANサービス

日本で公衆無線LANサービスを提供しているネットワークは、主なもので8つあり、次のような特徴がある。

  • 「HOTSPOT」のページへHOTSPOT(NTTコミュニケーションズ)

    地下鉄の駅、空港、ホテル、カフェに強い。数多くの料金コースがあり、コースによっては追加料金なしで他の公衆無線LANネットワークに乗り入れられる。同じNTTコミュニケーションが運営するOCNの会員には、OCN入会時に HOTSPOT のIDとパスワードも配布される。

  • 「flet's spot」のページへフレッツ・スポット(NTT東日本)

    東海道新幹線N700系(東京〜新大阪)及び駅コンコース、空港、マクドナルド以外のハンバーガー店、コーヒー店チェーン。2011/10からはセブン&アイ各店舗も。フレッツ料金とセットのお得コース(¥210/month)もある。

  • 「Mzone」のページへMzone(NTTドコモ)

    羽田空港、新潟空港、東京ミッドタウン、恵比寿ガーデンプレイス、つくばエクスプレス、東京メトロ、イベント会場(パシフィコ横浜、幕張メッセ等)、ドコモショップ、一部コーヒー・チェーンに強い。

  • 「BBモバイルポイント」のページへBBモバイルポイント(ソフトバンクテレコム)

    マクドナルドなどの飲食店や成田空港、JRの主要各駅、東海道新幹線N700系東京・新大阪間、新型成田エクスプレス(E259系)の車両内で利用可。

  • 「livedoor Wireless」のページへlivedoor Wireless(ライブドア)

    山の手線エリア内に強い。一部のアクセスポイントは、屋内ではなく電柱上にあったりする。

  • 「Wi-Fi スクエア・Wi2 300」のページへWi-Fi スクエア・Wi2 300(WIRE AND WIRELESS)

    丸の内、横浜、東工大と空港リムジンバス、高速バスに強い。Baffalo 社の無線LANルーター FS-HP-G300N を FREESPOT と共用している。また、IEEE 802.11n 対応のアクセスポイントが多い。

  • 「FREESPOT」のページへFREESPOT(FREESPOT協議会<Baffalo 他)

    各種飲食店、マンガ喫茶、インターネット喫茶や公民館、公共団体、公共建物に強い。無料で使えるが、初回認証までの手順が面倒。

  • 「FON」のページへFON(FON)

    「FON」対応無線LANユーザー間の互恵組織。海外でも国内同様に無料で使える。Baffalo 社の無線LANルーター FS-HP-G300N を FREESPOT と共用している地点を除いて、商業地域には弱い。

大きく分けて、NTT系、独立系、無料系と言えそうであるが、合従連衡も進んでいる。また、これらの公衆無線ネットワークを単独で、或いは日単位や月額従量制で利用するのは割高である。

そこで注目するべきなのが、大型電気店チェーンやパソコンショップのソフマップが提供する月額固定プランである。上記のネットワークをいくつか組み合わせて月額380円〜780円で提供しているので、これらを利用するのが最もお得である。しかも接続ソフトが無料で提供されていて、利便性にも優れている。

私自身は、マクドナルド、成田空港、秋葉原に年数回行くので、ヨドバシカメラ・オリジナル・プランの「モバイルポイント+プラス」を利用している。現在は Wi-Fi スクエア系の月額固定プランでも同料金・同サービスと言えるが、数年前は Wi-Fi スクエア系は存在しなかったからである。

サブとしては無料の FREESPOT が良さそうである。FON のアクセスポイントは、私の行動範囲には存在しないので、わざわざ FON 対応の無線LANルーターを買って FON コミュニティの一員になる気にはならない。